2nd Pattern

by Lihappiness

/
1.
01:45
2.
3.
05:45
4.
06:07
5.
6.
7.
8.
08:08

about

The 1st album as Lihappiness [TTATT-004]
Length 44:50

credits

released August 14, 2014

Written, Designed, and Produced by Lihappiness
Licensed by TTATT

tags

license

all rights reserved

about

Lihappiness Japan

Lihappiness is a Japan based solo project. Service details: obsolete techno, positive industrial music, monotonous psychedelic music, nonsense rap, and a few wonderful pop songs.

contact / help

Contact Lihappiness

Streaming and
Download help

Track Name: Fun Fun Fun
二階の部屋の円窓からは出来たばかりの飛行場が見える。
そこではB-29を改造して観光客用に飛ばしていて、
ショーの一環として海上に積み上げられたテトラポッドを
昼夜問わず楽しそうに爆撃している。
ブロックの破片が時たま私の家まで飛んできて外壁を壊していくのだけれど、
困ったことにそれがショーのハイライトらしく、
私は「地域の活性化に繋がるならば」と思い、仕方なく我慢している。

遠くでまだ呼んでる

向かいの家の旦那さんは昔イルカの養殖をやっていて、
家の前などで会うと決まって当時の話を聞かされた。
なんでも、イルカは泳がなくてもストレスが溜まらない生き物だそうで、
ちょっと大き目の浴槽さえあれば家庭でも簡単に飼えるらしい。
旦那さんは小学校のプールで50匹ほど育てていたそうだが、
学校の近くの火事で消防車に水を全部吸われてしまった。
可哀想に40匹のイルカは息絶えてしまったが、
残りの10匹は用水路を泳いで海に帰っていったという。

遠くでまだ呼んでる

Fun fun fun
Fun fun fun
Fun fun fun fun fun fun...Go ahead
お先にどうぞ

記述式 溶鉱炉
廻り続ける意識
時計台 反射率
意味の無い回答集
浮かんでは消えてゆく 目の前に誰かの影
追いかけては忘れてゆく 見たという記憶も無い

まだ呼んでる
声が響いている

Fun fun fun
Fun fun fun
Fun fun fun fun fun fun...Go ahead
私に構わず

幼少の頃の思い出だけが
頭の中から体の外へ
大好き、嫌い、好き、嫌い、好き
花占いは終わりを見せない

目の前に映ってるのは
そんな可笑しな光景
手探りで触れる意識は温かく
手と手を合わせれば少しだけ思い出す

でも流されていく
もう忘れてしまう
あなたの声あなたの名前
あなたの温もりあなたの想い

これは仕方がないこと
窓からは火薬の匂い
海水を飲み込んだイルカが囁く
“あなたの時間を楽しんで ”

Fun fun fun
Fun fun fun
Fun fun fun fun fun fun...Go ahead
And enjoy
Track Name: Yurameite Iku/揺らめいていく
揺らぎが見える
もうすぐ終わる
傾きかけて
静かに沈む

奏でよう
波に木霊していくように
揺らめいていく

身体を離れ
優しく漂う
光が満ちて
まあるく閉じる

奏でよう
時に忘れられる前に
揺らめいていく

奏でよう
波に木霊していくように
揺らめいていく

奏でよう
時に忘れられる前に
揺らめいていく
Track Name: Mada/まだ
太陽が海に沈んで
もう二度と浮かばなくても
まだ 街の灯は消えてもないし
まだ テレビも点いたままだし

海が干上がって
魚達が打ち上がっても
何も変わらない
食卓にはスズキのフライ

まだ 悲しいけれど
まだ みんなも折れてないし
まだ 有終の美は
まだ どこかに無くしていたい

明日も夜
星は瞬き 空は凍る

真っ赤な雨が地面を濁し
採れたキャベツがおいしくなくても
クリーム 練乳
甘味料振りかけて
トースト チキン
混ぜ合わせ固めて食べよう

まだ 眠りたくはないし
まだ お腹は空いてるし
まだ 終わりを願うような
そんな悲しい気持ちは
誰も知りたくない

夜明けの合図は待てない
Track Name: Tettō/鉄塔
鉄塔で頭打ち付けろ
脳の足りない惨めな奴らを
鉄塔で頭打ち付けろ
死んだ先から起こして殺せ
鉄塔で頭打ち付けろ
誰も知らない誰も気付かない
鉄塔で頭打ち付けろ
顔の無い死体をさらせ

被害者は地面に縛り付けろ
小人に捕らわれたガリバーのように
加害者は鉄塔をひっこぬけ
怪獣映画のジオラマのように
一、二の三で振り下ろせ
的確に頭を狙え
1ミリだってずれちゃいけない
まして体は傷付けちゃいけない

鉄塔